知育

節約!空き箱で簡単すぎるパズルの作り方

手作りパズルは大変?

手作りパズル、と聞くと
ハードル高く感じて敬遠しがちです。

私もそのうちの一人で、
なかなか重い腰が上がりませんでした…

一回きり頑張って作るというよりも、
「継続」して作れる。

ここさえ解決できれば
お手軽に準備することができるのかなと思います!

今回ご紹介する作り方は
一回きりにならず「継続」して作れる
とっても簡単な方法です。

作るきっかけ

娘のパズルブームが続いているのですが、
購入しているとキリがないなと思い
低予算で簡単に作れる方法を考えてたところに思いつきました。

いつもなら捨てるはずのモノが
楽しく遊べるパズルに変身して、
さらに捨てるときには小さくなっている。

一石二鳥とは言わず、
一石何鳥にもなる手作りパズルです♡

では作り方をご紹介します!

準備するもの

  • 空き箱 しっかりとした素材の紙パッケージ
  • マグネット(100均)
  • はさみ
  • マスキングテープ
  • ホワイトボード(100均)

 上記2つが家になかったとして購入するとしても
 約200円、300円でお釣りがくるという低コストです!

しっかりとした素材の紙パッケージ

パズルの元となる重要な部分です!

ふにゃふにゃした素材のものではなく、
子供カレーやビスコなどに使われている空き箱がオススメです。

しっかりとした素材の紙パッケージのものが最適

はさみ・マスキングテープ

どちらも家にあるもので大丈夫です!

より正確に作りたい場合
は、ハサミではなく
カッターとものさしを使って作ることをオススメします。

マグネット

我が家はダイソーで購入しており、 
何かと使えるので常備しています。

カラーも数種類あり、A4と大きいのでオススメです!

ホワイトボード

こちらも100均で購入することが出来ます。

ホワイトボードマーカーでお絵描きしたり
マグネット遊びなどなど、たくさん使えるので
一つ持っていると便利ですよ♡

作り方

簡単ver.

  • 使いたい一面を切り取る
  • 好きなピースに切る

 以上で完成です…!

プチストレスがパズル離れの元


パズルを始めたばかりの子供は、
「ピッタリっ!」にこだわりがち。

少しでもズレると、

出来ないーーー‼と怒ります

その小さなプチストレスが積み重なると、

・自分はできない
・ズレるから嫌

など、パズルに対してマイナスな印象を持ってしまいがち。

そうなってしまうのは
せっかくの意欲がもったいない!

あともう一手間加えて
ストレスフリーに遊べるように対策をします♡

一手間加えるver.

  • マグネットを適当な大きさに切る
  • マスキングテープを使って貼る
  • 裏面に貼り付ける

この作業をプラスするだけで、
快適パズルの完成です♡

マグネット×ホワイトボードの上で遊ぶことで、 
「ズレる」というストレスから解放されて
本来のパズルに集中することができます!

レベルに合わせて作る

子供のレベルに合わせて
自由にパーツ数を設定できるのも手作りパズルの魅力

2パーツから作ることができるので、
1歳~始めることが出来ます。

もっともっとパーツを細かくすれば
小学生でも楽しむことができると思います♡

作るときに意識していること

これがいい!というわけではないのですが、

同時に図形感覚を養ってもらうために
「左右.上下平等」・「三角」を意識して作っています!

オススメのパッケージ

「お菓子」のパッケージの方がオススメです!

キャラクターだと見慣れているので
わりとポンポンと完成しがちなところ、

見慣れていないので一つ一つ真剣に悩みながら
新鮮な気持ちで取り組めて難易度もグンとUPします。

メリット

  • とにかく簡単→慣れると5分
  • 低コスト
  • 外出先の使い捨て遊びに最適
  • 繰り返し使える
  • 子供が扱いやすい

とにかく簡単→慣れると5分

ちゃちゃっ!とパズルを作ることができる。

これは親として嬉しいスキルですよね♡

パズルにできそうなパッケージが手に入ったら
使う面のみをカットしておき保管。
 
ある程度溜まったら、
まとめてカットしていくことで時短にもなります!

低コスト

パッケージを用意するのは
カレーやお菓子なので100~300円以内で収まります。
(しかも美味しく頂ける…♡)
 
マグネットやホワイトボードも1つあれば十分なので
100均での購入で220円の支出で済みます!

外出先の使い捨て遊びに最適

外出したときなど、お菓子として食べた後に

はさみでチョキチョキっと切ったら
あっという間にパズルの出来上がり!

遊んだ後は、いつもどおりゴミ箱へ。

待ち時間などのスキマ時間に助かります! 

遊びの選択肢が広がるので
覚えておきたい…♡

繰り返し使える

マグネットはマステで貼っているだけなので、
次回に使いまわしができます!

さらにその場合は、
次回からの作業工程が短縮されるため楽になります♡

子供が扱いやすい

  • マグネットの厚み分、隙間ができる
  • 紙素材なので適度に曲がる

これがイライラを逃がすポイントです…!

指がスッと入るので扱いやすく、曲がることで指に馴染みます。

デメリット

簡単とはいえ手作り

簡単に作れるとはいえ、
手間暇がかかっています…!

対策としては、

TVを見ながらなど
ながら作業だとハードル低く作ることができますね。

管理する玩具が増える

子供が成長すると共に、
玩具の量も増えていきますよね…!

収納場所にも限度があるので
できるだけ絞っていきたいところですが、

こういった小さなアイテムの積み重ねが
阻止する原因なのかもしれません。

対策としては、

低予算で簡単に作れるものなので、 
ひとしきり遊んだら使い捨てにするのも一つの方法です。

まとめ

我が家の場合、

好きなキャラクターの板パズルで気分を上げつつ
空き箱パズルで数をこなす。

そんなイメージで取り組んでいます!

特別な準備も技術もいらないので
一度作って見る価値アリです♡

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA