知育

セリアの時計で簡単に!知育時計の作り方

知育時計は高い?

子供に時間の決まりをもって行動してもらうには
時計はマストアイテムですよね。

そこで知育時計について調べていると、どれもお値段のするものばかり。
もちろん、
考え抜かれたデザインなのでお金があれば購入したい商品ばかりでした。

考えた結果、よく見る場所にはセイコーの知育時計を
その他の場所には手作りで準備することにしました。

手作り知育時計のメリット

  • 低コストでできる
  • 簡単に作れる

手作り知育時計のデメリット

  • 買いに行く・作る手間がかかる
  • 手作り感が出る

110円で作れる

知育時計が110円で作れるのは驚きですよね…!
それが可能なのです。基本的に、時計本体の購入のみで済みます。
もし使っていない時計が家にある方は0円!!

低収入の我が家としては嬉しい限り♡

知育時計の無料プリント

この知育時計を作るにあたって欠かせないのが
ちびむすドリルから出ているプリントです。
このクオリティで無料DLできます!

その他にも愛用しているプリントがあるので
後々ご紹介できたらいいなと思っています。

家にプリンターがない方のプリント方法

家にプリンターがない場合でも簡単にプリントすることができます。
セブンイレブンのネットプリントというアプリを使っての方法をご紹介します。

  • ちびむすドリル知育時計のURLをコピーする
  • アプリを起動
  • 新規登録→普通紙にプリント→ウェブページをプリント
  • URL貼り付け→プレビュー→現在表示中の範囲のみ→送信→アップロード
  • (予約番号は数字のみを選択していた方が店舗での打ち込み時に楽です)
  • 予約番号一覧に出てくるので店舗で印刷する

準備物

  • 100均(ダイソー)の時計
  • (大きめの時計がいい場合は300.400円商品があります)
  • 知育時計のプリント→無料DLできる「ちびむすドリル」
  • はさみ・のり・プラスドライバー・コピー用紙

どれもお手軽に手に入る材料ばかりですね。

作り方

不器用な私でも、失敗することなく15分程度で完成しました!

  • 時計を分解する
  • 時計プリントを形に沿って切る
  • プラスドライバーとはさみを使って真ん中に穴をあける
  • のりで貼り付ける
  • 秒針など全て元に戻す
  • 蓋をして電池を入れたら完成

日常生活に時計を

娘にとって、知育時計が導入されたことで生活に変化が出るのは明らかです。
まずは、
時計がある暮らしは「楽しい」と思ってもらうことを最優先しました。

時計のお勉強は長期戦

時計は、「時間を表すもの」と伝えても、
分からないのはもちろん、むしろ不思議くらいの感覚なのでしょうか。

苦手意識を最小限に抑えるため、グイグイいきたいところ
長期戦を覚悟して取り組み始めました。

母の熱量は抑え気味で・・・

最初から苦手意識を持たないために意識したこと

  • 知育時計に沢山触ることをOKにした
  • いま何時?と聞かない
  • さりげなく時間を伝える
  • 好きなキャラクターのシールを貼る(以下参照)

時間の伝え方

「テッペン」効果が絶大

まず初めて取り組むとき、
12時や18時などわりと分かりやすい・覚えやすい時間は、
我が家は「テッペン」という言葉を使いました。
それから徐々に「のっぽさんがテッペンだから12時だね」と伝えていきました。

妙に「テッペン」という言葉は頭に残るようで、
1.2.3時などはわりとすぐに理解してくれました。

付箋を使ってさらに視覚化

10分や20分など、読み方が細かくなってくるとグンと難しくなりますよね。

徐々に慣れていくために「+付箋」を使って
より分かりやすく視覚化を図りました。

独り言のように、「かえるさんが2のところにいるから10分だね~」と
さりげなく伝えるようにしています。

時間のお約束を守るために

言葉で伝えるのと同時に
「付箋+アラーム設定」をすることで、
視覚+聴覚で判断することができてより効果的でした。

結局、時間よりも回数

時間のお約束、なかなか守れないことも多々。
特に公園など、時計が近くにない場所だと伝わりにくい・・・

まだまだ時間感覚が身についていない娘は「あと何分?」と聞くよりも
「あと何回?」と聞くほうが効果的です。

時計(時間)との付き合い方の試行錯誤は続きそうです…!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA