家計管理

家計簿をつけなくても食費が予算内に収まる管理方法

家計簿はいらない

結論からいうと、
食費の家計簿は必要ないと思ってます。

実際、我が家は
食費の管理方法の見直しをして
いいことづくめでした。

食費の家計簿を書かず
少しのルールとコツで節約に繋がり

何ヶ月も予算内でやりくりできています

プラスαで
ポイントが
効率よく貯まるようになりました!

実感していることは
お金も時間も節約できた♡
ということです…!

今回は我が家流の管理方法を
お伝えしたいと思います。

家計簿が続かない方や
家計管理が苦手な方には
もってこいな方法だと思います!

家計簿がいらない理由

まず初めに
私が家計簿をやめた理由について
お話させていただきます。

食費家計簿の詳細

振り返ってる…?

と思ったことがきっかけでした。

1ヶ月後、2ヶ月後、1年後、

4月の1週目は○円使ったな、と
振り返りますか?

私は振り返ったことがありませんでした。

同時に、
後に「振り返る」項目
月の合計支出のみ
ということにも気づきました。

管理を複雑にしているのは自分

管理を複雑にしている
管理に時間をかけている

のは自分だと分かり、
無駄なモノや作業を省き
ました。

やめた項目は、

  • 食費に限らず
    日々・月の家計簿
  • 入れ替え作業が手間になった
    食費専用袋

貯まる仕組みさえ作っていれば
日々・月の家計簿はいつまでもは
必要のないアイテムだと気づきました。

(家計管理の見直し期には
家計簿があると
使いすぎなどのチェックに役立ちます)

あとは
少しのルールとコツで
絶対予算内になります!

目的は予算内に収めること

目的は、 
家計簿を書くことではなく
予算内に収めることであり

かつ、
一ヶ月の食費が後に振り返ればいい
ということが分かりました!

財布一つで全てを管理

予算も残金
財布一つで管理して、把握しています。

仕組み①予算決め

今回の中で一番重要で難しく
試行錯誤が必要になる作業です。

月の予算を決めます。

大体、収入の10~15%が妥当
いわれています

我が家の場合だと、
収入約20万円のうち
食費2.5万円なので
12.5%になります。

ちなみに
8.5%の時期もありましたが、
節約しすぎて全く豊かではなく
食に関する我慢やストレスが
溜まっていました…

ムリな節約はオススメしません
固定費を削った方が得策です…!

また、
初めに予算を決めていても 
変わっていく環境
常に対応していく必要があります。

仕組み②週で割る

月の予算を5週間で割り
1週間で使える金額を把握します。

我が家の場合だと、
買い出し日は
週に一度の火曜日なので
火曜日基準にしています。

4週の月は
自動的に1週間余る仕組みです。

1ヶ月と考えると大変だけど
1週間の積み重ねだと考えると
難しくないことにも気づけます!

仕組み③財布に週ごとのお金を入れる

1ポケット1週間として考えて、
5週間分をカード入れに直接入れます。

残金は
そのまま財布の中に保管しています!

月末にご褒美として使うこともあれば
そのまま貯金することもあります。

仕組み④細かなルール作り

あとは自分に合う
無理なく続くルールを決めておく
ことが大事です。

買い出し日は週に一回

ちょこちょこ買いをなくす(予定外出費)

曜日は火曜日

平均的に一番安い曜日(我が家は火曜市)

火曜日以外は食費財布を持たない

持っていることでお金がある気持ちになる

強制的に買えない仕組み作り
考える時間を設けることができ
衝動買いを抑えられる

現金管理

家計管理がシンプルになるのはもちろん、
お金が目に見えて減っていく

ポイントを貯めることよりも 
予算を絶対に守る

お店を絞る

商品別に安いお店を求めて購入するのは
結果的に時間とお金の無駄です。

1店舗なり、多くても2店舗に絞ることで
一回で済み予算管理がしやすく
ポイントも溜まりやすくなり効率的です。

 suu

食費管理方法の参考になると
幸いです♡

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA